【事業のグローバル化へ】会社に合った多言語翻訳サービスを活用

グローバル化の基礎

クラウドシステムを利用

言語

企業のグローバル化が進むにつれて、これまであまり馴染みのなかった言語でビジネスを展開する機会も増加しています。簡単な意思疎通であれば、機械翻訳でもどうにかなりますが、しっかりした契約を締結するには、専門知識に裏付けられた多言語翻訳サービスが欠かせません。日本に話し手がほとんど存在しない言語は、かつては翻訳者を探すのが非常に難しいという問題がありました。しかし現在ではインターネットの普及により、世界各国に在住するネイティブの話し手が、多言語翻訳サービスの翻訳者として登録しています。こうしたクラウドシステムを利用することで、従来よりも迅速に、かつ比較的低料金で確かな翻訳ができるようになっています。多言語翻訳サービスは文書の翻訳だけでなく、対面通訳や電話会議の通訳にも活用できますし、一般消費者向けのウェブサイトをローカライズするといった目的でも利用可能です。文法的に正しいというだけでなく、相手国の人間が見て自然な表現をすることは、製品やサービスの品質をアピールする上で必要不可欠と言えます。怪しい言葉で書かれたサイトの製品は、内容まで怪しく見えてしまいます。信頼できる多言語翻訳サービスは、高い文章力と専門知識を備えたスタッフと契約を結び、技術文書やビジネス文書など、それぞれの形式に即した翻訳を提供することができます。これまでの実績と翻訳者のネットワークを確かめて翻訳会社を選ぶことが大切です。

得意な言語と分野がある

模型

グローバル化の波は貿易会社だけでなく、観光業界や小売業界や文化芸術の分野にも広く及んでいます。グローバル化の波に乗って市場を拡大するために役立つのが翻訳代行サービスです。ここまでグローバル化の波が押し寄せていなかった昔なら、英語の翻訳だけで事足りたのです。しかし今では多言語による翻訳が必要とされる時代です。翻訳代行サービスには得意な言語と専門分野というのがあります。英語だけの翻訳をする会社や、アジアやアフリカの言語を翻訳する会社など細分化されています。また貿易実務に強い所や法律に詳しい所など、業種別に専門分野が分かれています。ですから翻訳代行サービスを利用する場合は、得意な言語とジャンルを調べてから選ぶようにします。翻訳代行サービスの中でも多くの企業が利用するのは多言語翻訳ができるサービス会社です。なぜ多言語翻訳を利用するかというと、重要な文書などを拡散させずにすむからです。例えば英語と中国語とロシア語に翻訳する必要があるとします。多言語翻訳代行サービスを利用すれば1社で事足ります。3ヶ国語のそれぞれの翻訳代行サービスを利用すると3ヵ所に重要文書を委託することになり、セキュリティの面で不安があります。また多言語翻訳を行っている会社はスタッフの数が多いので、1回の翻訳だけでなく二重三重のチェック体制が取れています。それによってミスを減らせるのです。特に貿易業などは世界の国と通商を行うので、多言語翻訳代行サービス会社と専属契約を結んでいることが多いです。

専門用語も翻訳が可能

文房具

グローバル化した社会においては、製造した製品などを複数の国に対して販売することがある。また、企業にとっては複数の国との取引を行うケースも多くなっている。このような場合に必要になるのが、多言語翻訳である。日本語から英語のみではなく、中国語や韓国語など同じ文章を複数の外国語に翻訳したいことがある。例えば、海外向けに販売する製品では、それぞれの国の言語で表記する必要がある。マニュアルを作成する場合にも、同じ内容のマニュアルを、それぞれの国の言語ごとに作成する必要がある。これらの多言語翻訳については、社内で各言語向けのマニュアルなどを作成することが難しいことが多い。特に中小の企業などでは人材の問題から難しくなっている。複数の国に対して商品などを販売する場合に、多言語翻訳を行う際には翻訳会社の活用が最適である。翻訳会社では、1つの文章を複数言語に翻訳してもらえるサービスなどが多くなっている。翻訳会社では、通常対応できる言語が決まっている。その為、それらの対応言語に合わせて複数言語での多言語翻訳を行ってもらうことにより実現できる。それらを行う場合には、言語知識と専門分野の知識を持った業者への依頼が良いということがある。翻訳する内容によっては、専門用語を含んでいるケースがあり、これらを直訳してしまうと意味の分からない文章になってしまう。その為、できるだけ依頼する分野に対して知識を持った業者に翻訳依頼することが良い。