【事業のグローバル化へ】会社に合った多言語翻訳サービスを活用

正しく翻訳すること

言語で異なる料金体系

PC操作

近年では海外企業が日本企業を買収したり、逆に日本企業が海外企業にM&Aを仕掛けたりと、ビジネスの世界でグローバル化が進展しています。もちろん、海外企業との業務提携などの話は、ビジネスでは日常茶飯事で生じています。契約書などの基本は英語であることがほとんどですが、中国語や韓国語をはじめ、世界各国の言葉が使用されるケースもあり、多言語翻訳の必要性が増しています。もし海外企業との業務提携や買収などの話になった場合には、各種文書の多言語翻訳のサービスを活用することが望ましくなります。料金体系は翻訳業者によって異なりますが、ほとんどの場合で、英語などのよく利用される言語では安めの料金設定、マイナー言語であればあるほど高めの料金となっています。多言語翻訳はフリーソフトで対応できると考える方も多いですが、慎重さが求められる場面でフリーソフトで済ませてしまうことはあまり現実的ではありません。機械翻訳だけでは不十分で、できる限りネイティブクラスにその言語を理解する人が翻訳する必要があります。そして、ビジネス文書やメールなどの内容を正しく理解し、的確なリアクションをすることが大切であることは言うまでもありません。近年では、国内市場の縮小が見込まれており、日本企業が生き残っていくためには海外への展開が必要条件となっています。留学経験があり、ビジネス翻訳まで深く理解している人材を確保できているのであれば問題ありません。しかし、そのような人材を確保するには至っていないケースでは、多言語翻訳サービスを活用することが理想的です。なお、新たに外国語に対応できる人材を確保するよりも、多言語翻訳サービスを活用した方がコストダウンが見込めます。

契約内容の把握

辞書

多言語翻訳のサービスは、ウェブサイトやメールの翻訳など実務的なものだけではありません。多言語翻訳を依頼する企業の多くは、学術論文や機器のマニュアルなど専門性の高い文章の翻訳が必要なのです。この多言語翻訳のサービスを企業が利用する為には、基本的なサービス内容を把握しておく事が求められます。具体例として挙げられるのが、多言語翻訳の精度です。特に、多言語翻訳を希望する企業の中には、認知度の低い言語での翻訳を希望するケースも見受けられます。この際には、専門知識を持つネイティブによるチェックが欠かせないのです。また、企業秘密の外部への漏洩を防止する為にも多言語翻訳の依頼では契約書の内容を把握しておく事が大切です。依頼内容によっては、情報漏洩が企業に大きな負担となる事もある為、規約を把握しておく事が求められます。多言語翻訳のサービスの多くが個々の企業の予算に応じたサービスを提供しています。これは知名度の低い言語ほどコストが高額になりがちな為に企業にとって大変活用しやすいサービスとなるのです。特に、納期を遅らせても良い翻訳の場合は価格を抑え納品してもらう事が出来ます。また、難易度の低い文章やメジャーな言語への翻訳は低価格で請け負ってもらう事が出来るのです。その為、大量のページ数を依頼する事も可能です。また、繰り返し同じ分野の翻訳を依頼する事で価格を下げてもらったり、納期を短縮してもらえるケースも多々見受けられます。従って、予め品質の高い多言語翻訳業者を見極め、繰り返しサービスを利用する事もポイントとされます。

難しいニュアンスもわかりやすく

スマホ

いくつかの国を跨いで商品や自分の考えを広げるというときは、多言語翻訳のサービスが心強い味方になってくれます。近年はIT化が進み、アプリなどに翻訳機能を持たせたものも出てきています。数年後には同時通訳のイヤホンなど画期的なアイテムが実用化されるとも言われていますが、人対人のコミュニケーションではニュアンスや個性を活かした言葉の表現が大事になってきます。商標を取ったり効果的なプロモーションを行なったりしたいという企業や個人は多いはずです。個性がそのまま魅力として商品化できる反面、文法や時代とのズレを大きく感じさせる言葉では相手に伝わりません。多言語翻訳のサービスはいくつかの言語を効果的に翻訳してくれるものなので、マーケティングで書類を作成する際、商品や取扱説明書などを書く際にとても頼りになります。正しい表現でニュアンスをうまく伝えるための人材が多く集まっているので、安心して依頼できるでしょう。多言語翻訳の料金は文字数と納期で主に決められますが、できるだけ安く依頼したいという人はまとめて依頼すると良いと思います。また納期にゆとりを持たせるのも費用を抑えるコツです。納期を早めに設定すると最優先にする分割高になるので、予め計画を立てて依頼するのが良いでしょう。信頼できる多言語翻訳サービスを行なっている業者は専門サイトのランキングや口コミで紹介されているので、そのような情報サイトを参考に探してみると直ぐ見つかります。