【事業のグローバル化へ】会社に合った多言語翻訳サービスを活用

多言語対応の翻訳サービス

国境と言語の壁乗り越える

地球儀と男女

ほぼ全世界がインターネット回線を通じて1つにつながる時代を迎え、ビジネスの世界にも一大変革の波が訪れています。従来の企業にとって海外進出には国境という大きなハードルが立ち塞がっていましたが、現在では必ずしも海外拠点や支店を設ける必要がないのです。一例を挙げるなら、海外での流通が有望な自社製品の情報を世界へ発信するため、海外ECサイトを立ち上げるといった手法が考えられます。高速通信環境の整備をバックとして、発信した情報が全世界へほぼ瞬時に伝わる利点を最大限に活用すれば、国境の壁も軽々と越えることができるのです。一方でそうした海外進出の際に問題となるのは、世界に5000種類以上も存在すると言われている言語の壁です。自社に翻訳が得意なスタッフが常駐している企業ならともかく、大多数の企業は翻訳サービスを利用することになります。英語圏以外の国にECサイトを開設しようとする場合には、さまざまな国の言語に対応した多言語翻訳サービスの利用が便利です。近年では中国や台湾・韓国・東南アジア諸国もビジネス市場での地位が重要性を増しており、欧米各国等も含めた多言語翻訳サービスの需要が拡大しています。海外ECサイトの設立などを目的に多言語翻訳サービスを利用する際には、対応言語数の多いサービスほど有利となります。多人数の翻訳者と契約している多言語翻訳サービスでは多くの国の言語に対応しており、医療やIT・金融・不動産などの専門分野に特化した技術翻訳も可能なのです。各言語のプロフェッショナルが質の高い翻訳を行う多言語翻訳は信頼性が高く、現地の人が作成したECサイトと変わらない翻訳精度が期待できます。日本語ECサイトの中には、明らかな機械翻訳によるものと推測される不自然な文章も一部で見受けられます。そのようなサイトで商品を注文しようとする場合は誰でも慎重になりますが、そうしたリスクはどの国のECサイトでも変わりありません。企業の信頼性に関わる翻訳精度を確保するためにも、技術力の確かな多言語翻訳サービスの利用が欠かせないのです。多言語翻訳サービスでは、作業効率を高めるために高度な翻訳支援ツールも利用しています。同一表現の繰り返しなどを自動化することで無駄を省き、信頼性とコストを両立させているのです。こうした多言語翻訳サービスの力を借りることで、海外ビジネスの可能性は大きく拡大されます。

多様なサービスも

単語のリスト

ビジネスシーンにおいては、実際の商品を輸送するスピードも飛行機を利用する事によって、船などを利用するよりも格段に速くなっているのです。そのため、日本企業でも多くの海外企業と取引を行うケースが目立ってきています。そこで問題になってくるのが言葉の問題です。以前であれば世界の公用語と言われている英語を利用すれば、海外企業と取引をする事が出来ました。しかし、小国の企業とも取引を簡単に出来るようになってきたため、様々な言語の書類を目にするケースが多くなってきています。多言語の書類を理解するためには、多言語翻訳サービスを利用するのがベストです。多言語翻訳を利用する事によって、より正確に様々な文書を把握する事が出来るからです。実際に多言語翻訳サービスを行っている企業もかなり多くなってきています。英語や中国語はもちろんですが、スペイン語やポルトガル語、他にもアジア諸国の様々な言語を翻訳してくれます。ですから、ビジネスをスムーズに進めたいのであれば、多言語翻訳サービスを上手に利用しましょう。また翻訳と一口に言っても、商談内容の文字起こしから契約文書など様々です。そのため、翻訳の方向性を決めるためにスタッフと打ち合わせを行うようにしましょう。業者によっては翻訳の難易度で料金が換算されるので、打ち合わせを経て見積もりが出されるところもあります。依頼者がその金額に納得したら翻訳作業が始まります。最近はスピード翻訳といった、その日の間に翻訳するサービスもあるので、お急ぎの方はこれを利用するのもいいでしょう。

翻訳を依頼する際は

ENGLISH

外国に行く機会は多いと思います。ビジネスでも旅行でも快適な旅をするためには現地で話されている言語を身に付けなければなりません。語学習得が趣味の人も中にはいるので、そうした人の勉強法や集中の仕方を参考にすると、習得も早くなるでしょう。しかし必要なときに必要な表現を上手く使いこなし、相手の言っていることや自分の言いたいことを上手く理解できるまでにはやはりある程度時間が掛かります。必要に迫られて色々な国の人とコミュニケーションを取らないといけないというときもあるでしょう。そのようなときに心強い味方になってくれるのが多言語翻訳などです。以前は通訳で複数の言語を話せる人の活動が取り上げられていましたが、最近は企業の海外進出が増えているため多言語翻訳もまた注目されています。これまで翻訳で多かったのが英語に関してですが、近年は中国語やフランス語、イタリア語など人気の国や需要のある国の言語を翻訳できる人材の活躍が目立ちます。多くの言語を知っていて正しく且つ伝えたいニュアンスで表現できる多言語翻訳は様々な場面で必要とされています。海外に商品を輸出する際や貿易事務でも頼りになります。もし多言語翻訳が必要になった場合は、専門の企業を探しサービスを利用しましょう。多言語翻訳のサービスを行なっている企業を選ぶ際は、実績のあるところにすると安心です。翻訳は行なう人の知識だけでなくセンスも問われるからです。正しく翻訳したからといって伝えたい意味がしっかり伝わるかといえばそうではないので、ニュアンスや現在使われている頻出の言葉についてよく勉強している人材を探すと良いでしょう。